調査料金について

1時間「4,900円」という低料金

本物の探偵は「撮れた」ではなく「証拠は狙って撮る」

調査の目的をお伺いし「離婚」なら不貞の証拠。「親権を取る」なら堕落した生活の証拠。

アーカス探偵事務所では、状況に合わせ、急ぎの案件(離婚を言われた・別居)か、確実なタイミングまでじっくり待つ調査方法かを含め、目的達成に必要な証拠を確実に集める為の調査プランを作成し、お見積もりとしてご提案いたします。

浮気調査で探偵ができること

調査する日は「浮気する日」これができるのがアーカス

浮気調査がなぜ高額になるのか?

調査日を先に決めるからです。

他社の探偵 アーカス
  • 週末が怪しいなら、2週間続けて土曜日・日曜日(4日間)に入りましょう
  • GPSの履歴から土日のどちらか1日浮気していますので、土曜日に行かなければ、日曜日は確実で女性宅に立ち寄ったらスタートします。
  • いまGPSがホテルにあります。すぐに駆けつけて相手の顔と自宅だけでも確認します。

この調査方法では、調査費用は単純に2倍になるので、いくら費用があっても足りません。

なので、調査費用を下げるために調査員の数を減らし証拠の質を下げることになります。(※ カメラの台数で証拠の強さは劇的に変わります。)

浮気調査に重要なのは、調査員の数

調査員は基本的に3名です。調査員のレベルとか関係ありません。

ホテルの出入り口などは、2ヵ所または3ヵ所というのが一般的です。調査員が2名であれば、対応できなくなります。(※ 対応できない。というのは写真のレベルの話で、後ろ姿で小さく撮るのであれば問題はありませんが証拠にならない。)

他社の探偵 アーカス
  • 調査料金は、1時間12,000円(調査員2名)です
  • 当社の調査員はレベルが高いので、2名で大丈夫です。

出入口が3か所あり撮影できませんでした。または小さく後ろ姿のみが映っている。

  • 調査料金は、1時間15,000円(調査員3名)です。
  • 2名尾行で、1名はいつも行くホテルまで待機します。

尾行部隊がイレギュラーな動きに対応し、1名は待ち伏せで撮影することで正面の映像が撮れる

作成する報告書の立証内容から考えた証拠写真は、そうしても証拠写真のレベルを重要視して調査方法と撮影方法を考え、データがある場合は、出入口の数や張り込みポイントも考慮された上で調査に挑みますので、「絶好のチャンス」を意味のない言い訳で逃しません。

必要なのは、勝てる証拠と裁判所が欲しがる調査報告書(証拠)です。

ご契約時に調査日は設定しません

アーカス探偵事務所では、怪しい日取りがわかっている場合は別として、情報が集まった場合のみ調査に入ります。またGPSの位置情報からホテルにいる場合やデートしていると思われた場合のみ、即日対応を使い調査に入ります。

なので、空振りがなくなり無駄な調査費用が掛からないので、調査の質(調査員の数)を下げることなく、確実な証拠が撮影できます。

浮気調査は「目的」によって「必要な証拠」が変わる

目的に合わせた必要な不貞行為(浮気)の証拠

慰謝料や養育費
不貞行為(浮気)の証拠が必要
親権を取りたい
浮気ではなく習慣の証拠が必要
  • ラブホテルへの出入りが、2回以上
    旅行やデイユースはチェックインか扉が必要
  • マンションの出入りは、2回~3回
    時間帯と滞在時間が重要

言い逃れさせない為には、関係性が重要です。

  • 不貞行為(浮気)の証拠が必要
  • 生活習慣を立証する

親権に関しては、浮気の有無は基本的に関係なくて子供が中心です。

浮気の確認 相手を疑う事をやめたい
  • 調査料金は、1時間12,000円(調査員2名)です
  • 当社の調査員はレベルが高いので、2名で大丈夫です。

出入口が3か所あり撮影できませんでした。または小さく後ろ姿のみが映っている。

  • 調査料金は、1時間15,000円(調査員3名)です。
  • 2名尾行で、1名はいつも行くホテルまで待機します。

尾行部隊がイレギュラーな動きに対応し、1名は待ち伏せで撮影することで正面の映像が撮れる

フラットボタン-L

必要な証拠に対して、必要なプランで費用をご提案いたします。

「調査員を1人減らして費用を安くしたい」など、本末転倒になるような事はせず、必要な証拠に対して調査計画と費用を決定します。

予算に合わせて出来るだけ調査というような事はしないので、他社によくある「調査員が2名なので…証拠が撮れませんでした」というような事はおきません。